HOMEセミナー・イベント情報4K本放送開始で何が大きく変わるのか

主催者セミナー

4K本放送開始で何が大きく変わるのか

いよいよ今年12月から始まる4K本放送にスポットを当て、ポストプロダクションとして何が変わって今何をすべきなのか?
放送局の技術の方からのフローの変化や5月23日制定されました「ファイルによる4Kテレビ番組交換暫定規準」の内容をお話し戴き、それを受けてポスプロやメーカーの技術の立場でより深く理解する為の実例紹介やノウハウを解説します。

●第1部

『放送局からポストプロダクションへ知っておいて欲しい事/対応準備をしておいて欲しい事Part1』

■「カメラ撮影、番組制作、収録等、編集まで」等について


【講師】

ARIB スタジオ映像作業班 HDR番組制作・運用AdHoc リーダー

日本テレビ放送網株式会社技術統括局技術開発部

 甲斐 創氏

『放送局からポストプロダクションへ知っておいて欲しい事/対応準備をしておいて欲しい事Part2』

■「編集完パケから、納品、送出、アーカイブまでのワークフローと番組交換規準」について


【講師】

日本民間放送連盟テレビ番組交換WG委員

株式会社テレビ朝日技術局設備センター コンテンツ制作システムグループ

白波瀬 武史氏


●第2部

『4K本放送開始でポストプロダクションでは何が大きく変わるのか?』

■「4K HDR完パケ制作事例」や「モニター環境」等について


【講師】

株式会社IMAGICAテレビ事業本部プロデュース部渋谷プロデュースグループ

殿塚 功一氏

【講師】

ソニービジネスソリューション株式会社マーケティング部

戸梶 真弓氏

【モデレータ】

株式会社IMAGICA映像事業本部プロダクション部

宮田 憲司氏

開催日時

  • 7月6日(金) 11:30~14:00(予定) 1階主催者セミナー会場

セミナー参加方法

フリー入場

最新フォトギャラリー

九州放送機器展ムービー

サイトメニュー