HOME過去の開催実績

過去の開催実績

2016年

名称九州放送機器展2016
Qshu Broadcasting Equipment Exhibition 2016
(略称)QBEE2016
主催(一社)日本ポストプロダクション協会
会期2016年7月21日(木)・22日(金)【2日間】
(7月21日 開場 10:00 / 閉場 18:00)
(7月22日 開場 10:00 / 閉場 17:00)
総来場者数2,410名

出展企業

アイデアル九州株式会社/摂津金属工業株式会社、アイベックステクノロジー株式会社、株式会社アイ・ディ・ケイ、株式会社アイ・ディー・エクス、アガイ商事-コボルト、AJA Video/ASK ME/日立製作所、株式会社アスク/株式会社ディストーム、アストロデザイン株式会社、アビッド テクノロジー(株)、アプローズシステム株式会社/Catch Me株式会社、アルビクス株式会社、ANDFILMSTUDIO/株式会社K&F FUJISAKI/江東電気株式会社、池上通信機株式会社、伊藤忠ケーブルシステム株式会社、イメージニクス株式会社/ビデオトロン株式会社、(株)イメージネット、ヴァイテックビデオコム株式会社、株式会社ヴィレッジアイランド、CHIEF/株式会社映像センター、営電株式会社/PFUビジネスフォアランナー株式会社、株式会社エス・シー・アライアンス、(株)エヌジーシー、エヌ・イー・ピー株式会社、AMX/エレクトリ、ACEBIL JAPAN株式会社、エーティコミュニケーションズ株式会社、ATV株式会社、株式会社エーディテクノ、オタリテック株式会社、音響特機株式会社、株式会社オンテック、株式会社オーディオテクニカ、(株)オーディオブレインズ、カナレ電気株式会社、岸無線サウンド(株)、キヤノンマーケティングジャパン株式会社、九州電子パーツ株式会社、株式会社共栄商事、共信コミュニケーションズ株式会社、銀一、クボテック株式会社、クロスイメージング株式会社、グラスバレー株式会社/トモカ電気株式会社、ケイテック株式会社、株式会社ケンコープロフェショナルイメージング/スリック株式会社、興和光学株式会社、株式会社コスミックエンジニアリング、株式会社シグマシステムエンジニアリング、株式会社昭特製作所、信誠商事株式会社、ジャパンマテリアル株式会社、スカパーJSAT(株)、スチューダー・ジャパン-ブロードキャスト株式会社、西華デジタルイメージ(株)、株式会社精工技研、ゼンハイザージャパン(株)、ソニービジネスソリューション(株)/SFIリーシング株式会社、ソニープロテクノサポート株式会社、立井電線(株)、タックシステム株式会社、株式会社谷沢製作所、株式会社タムラ製作所、ダイナコムウェア(株)、ティアック株式会社、テクトロニクス、(株)テクノハウス/九州通信ネットワーク(株)、ディーエスピージャパン株式会社、(有)デジコム、株式会社デジタル・ラボラトリー、株式会社Too福岡支店、株式会社東京光音、株式会社ナックイメージテクノロジー、株式会社ニコンシステム、日興通信(株)、日本テックトラスト株式会社、株式会社日本ビデオシステム、NewTek Inc.、株式会社ねこじゃらし、花岡無線電機(株)、パイオニア株式会社、パナソニックシステムネットワークス(株)、(有)パルス、ヒビノ株式会社/ヒビノインターサウンド株式会社、ヒビノライティング株式会社、株式会社ビデオサービス、株式会社ビーアイ・フォース、ビー・ユー・ジーDMG森精機(株)、株式会社フォトロン、フォントワークス(株)、富士フイルム株式会社、富士ライト商事(株)、株式会社芙蓉ビデオエイジェンシー、ブラックマジックデザイン株式会社、株式会社プロ機材ドットコム、株式会社プロスパー電子、平和精機工業株式会社、ベステックオーディオ株式会社/ビーテック株式会社、ベルボン株式会社、株式会社朋栄、報映産業(株)、(株)放送技研、ボッシュセキュリティシステムズ株式会社、ボーズ株式会社、株式会社マウスコンピューター、松田通商株式会社、マンフロット株式会社、MARTIN AUDIO JAPAN Inc.、三友(株)/ブロードデザイン(株)、武蔵エスアイ(株)、MEDIAEDGE株式会社、ヤマキ電気株式会社、株式会社ヤマハミュージックジャパン、ライブギア株式会社、株式会社ラムダシステムズ、リーダー電子株式会社、ローランド株式会社、九州大学芸術工学部、専門学校九州ビジュアルアーツ、九州龍谷短期大学、デジタルハリウッド福岡校、福岡スクールオブミュージック&ダンス専門学校、株式会社映像新聞社、株式会社電波タイムス社、株式会社電波新聞社、株式会社九州ハートス、株式会社新協社、株式会社ストロベリーメディアアーツ

来場県別・職業

※スライドして表を見ることができます

福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄 山口 広島 島根
鳥取
四国 関西
近畿
関東 その他 合計
テレビ局 164 6 9 32 13 3 19 4 19220 11142 9 327
ケーブルテレビ 9 8 18 3 15 2 3 0 904 002 0 73
制作プロダクション 276 37 14 66 26 9 2 6 530 205 0 451
ポストプロダクション 73 19 0 15 2 1 1 1 000 035 0 120
CG制作 ・ IT・
Web制作
45 9 0 2 0 0 3 0 320 003 0 67
ラジオ局・音響・
音響制作
89 9 5 15 5 1 4 2 400 134 1 143
照明関係 91 0 0 1 1 0 3 0 000 021 0 99
デザイン関係
(紙媒体)
10 0 0 0 0 0 0 0 000 010 0 11
機械メーカー・
機器販売
159 3 5 3 4 6 3 0 400 12154 4 267
印刷関係 5 2 3 0 0 0 0 0 000 000 0 10
広告代理店 18 1 0 0 0 1 0 0 100 000 0 21
商社・サービス関係 64 1 0 4 0 0 2 0 200 0811 1 93
メディカル関係 19 1 2 0 0 0 0 0 000 020 1 25
新聞社・雑誌・
業界紙
7 0 0 0 0 0 0 0 000 000 0 7
その他企業 141 3 10 4 2 3 12 1 130 0312 2 197
自治体・官公庁 17 0 1 7 0 0 0 1 100 000 0 27
大学生・専門学生 183 45 1 14 1 0 0 0 200 011 0 248
学校関係者 23 2 0 0 2 0 1 0 000 012 0 31
その他 134 5 6 6 6 0 3 1 920 279 3 193
合計 1,527 151 74 172 77 26 56 16 60324 1766111 21 2,410

※スライドして表を見ることができます

来場県別・職業

年齢

20歳以下 110人
21歳〜30歳 431人
31歳〜40歳 553人
41歳〜50歳 687人
51歳〜60歳 490人
61歳以上 139人

年齢

雇用・役職

一般社員・契約社員 1,227人
管理職(部長職以上) 357人
会社役員・社長 323人
自営業 148人
フリーランス 143人
派遣 16人
アルバイト 13人
学生 144人
その他 35人

雇用・役職

来場目的(複数回答)

機材購入検討のため 740人
研修・技術情報入手のため 970人
セミナー受講 272人
業界イベントへの関心 495人
その他 184人

来場目的

来場者アンケート

Q1 あなたの年齢は?

20歳未満 39人
20代 73人
30代 94人
40代 152人
50代 109人
60代 33人

年齢

Q2 本展示会へのご来場は?

初めて 209人
毎年来ている 214人
1年~2年おき 63人
3年ぶり以上 13人

ご来場は

Q3 九州放送機器展をご覧になったご感想をお聞かせください

満足 163人
やや満足 199人
普通 129人
やや不満 9人
不満 0人

九州放送機器展をご覧になった感想

Q4 気になった製品やシステムはありましたか?

あった 425人
なかった 20人
よくわからなかった 53人

気になった製品やシステム

Q5 「気になった製品やシステムがあった」と答えた方 今後の導入対象は?

既に検討している 85人
これから検討する 147人
今後検討対象になるかもしれない 147人
個人的には気に入ったが検討対象にはならない 40人
未記入 6人

今後の導入対象は

Q6 興味のある機材や分野は?(複数回答)

映像機器全般 242人
オーディオ機器全般 176人
カメラ 149人
編集機器 86人
編集ソフト合成ソフト 58人
照明機器 80人
ミキサー 84人
スピーカー 94人
映像モニター 77人
送信システム 33人
デジタルサイネージ 49人
三脚各種特機 33人
HDR全般 30人
VR/AR 14人
サイバーストレージ 16人
文字発生器 7人
IPTV関連 16人
LEDビジョン 36人
中継システム 27人
電源関係 15人
未記入 5人

興味のある機材や分野

Q7 セミナーは受講されましたか?

はい 79人
いいえ 421人

セミナーは受講

Q8 来年も本展示会来場したいと思いますか?

はい 485人
いいえ 14人

来年も来場したいと思うか?

Q9 来年の本展示会やセミナーについて期待する事やご意見ご要望などをご記入ください。

  • キーワード検索でブースがわかるなどケータイアプリと連動出来たら面白い。
  • インタービーより出展社の方と色々話せるし商談も出来るのでありがたい。
  • もっとLEDや照明についてのブースが増えると嬉しいです。
  • スピーカーやヘッドホーンを試聴するコーナーが出来て良かった。
  • 照明ワークショップは素人にも大変わかりやすく良かったです。
  • 学生のブースは斬新で良かった。業界へ進む学生の励みにもなると思う。
  • 3年ぶりに来たがそれほど進化は感じなかった、4Kカメラは増えたがモニタか少なすぎる。
  • 毎年色んなジャンルのブースやイベントが増えていて来るのが楽しみ。
  • 音響スピーカーの展示はもっと色んなメーカーがあるといいと思う。
  • 今年も良かったがDJIのブースがあればよかった。
  • オフィシャルHPの出展社一覧に出展する内容を早めに出してもらえると的を絞って見易いのですが。
  • セミナーの種類を増やしてほしい。
  • 音響関係のセミナーを増やしてほしい。
  • 2日間でなく3日間に延ばしてほしい。
  • 同じところに同じ種類のブースを集めてほしい。
  • ためになるセミナーが多かった。来年もぜひ参加したい。
  • ソフトの新しい情報を得る事ができて満足です。
  • VR・AR関連のものが増えると興味深いです。
  • 編集の実演ワークショップを行ってほしいです。
  • 色んなメーカーの最新カメラの比較が出来て判り易い。(インタービーでは出来ないので)
  • 同じカテゴリーのブースが集まってると比較しやすいのではないかと思った。
  • 動画制作に関するシステムなど通信への提案がほしい。アプリとの相互性?
  • 大変満足でした。来年も楽しみにしてます。

最新フォトギャラリー

九州放送機器展ムービー

サイトメニュー