HOMEセミナー・イベント情報多面的に広がるバーチャルプロダクションの可能性 ー ソニーPCLのVP活用事例とその変遷 ー

主催者セミナー

事前予約 多面的に広がるバーチャルプロダクションの可能性 ー ソニーPCLのVP活用事例とその変遷 ー

ハリウッドをはじめ、世界的に採用がすすんでいる撮影手法として注目される、大型LEDディスプレイを使用した"バーチャルプロダクション(VP)"。都内でその常設スタジオを運営するソニーPCLが、複数の制作事例を交えながらその実用性や魅力を解説。テレビ番組制作、CM、イベント、映画などのVP事例に興味がある方、現在VPでの映像制作を検討している方から、スタジオ構築自体に興味がある方にも有用な内容をお届けします。


【登壇者】

・司会進行:ソニーPCL(株)人事総務部 部長付 滝沢 隆也 氏

・講師:ソニーPCL(株)クリエイティブ部門 ビジュアルソリューションビジネス部 統括部長 小林 大輔 氏、クリエイティブ部門 ビジネスプロモーション部 マーケティング課 統括課長 黒谷 瑞樹 氏

・協力:(一社)日本映画テレビ技術協会

vp-tec001_.jpg

セッション1:バーチャルプロダクション(VP)"とは?

・インカメラ(IC)-VFXのしくみ
・ソニーPCLのVP実用化までの変遷

セッション2:VP制作事例紹介

セッション3:事例から考えるVPの可能性

開催日時

  • 7月21日(木) 15:00〜16:30 1階 特設会場 定員70名

セミナー参加方法

事前登録制(定員70名)

最新フォトギャラリー

九州放送機器展ムービー

サイトメニュー